About DREAM RUGBY FUKUOKA

PROSPECTUS 「DreamRugby福岡 実行委員会」
設立趣意書

2019年、世界三大スポーツイベントであるラグビーワールドカップが、アジア初となる日本で開催されることが決定し、福岡市のレベルファイブスタジアムは、同大会の試合会場として選ばれています。本大会は、世界最高峰のプレーを間近で見ることができ、未来ある子供たちに多くの夢や感動を与える何よりの機会であることは勿論のこと、アジアやオセアニア、ヨーロッパなど世界各国から多くの観客が来日し、その経済効果を考えても、経済・産業の振興に大いに寄与するものと期待されています。
また、試合開催だけでなく、各チームが拠点とするキャンプ地は、その滞在期間中の交流など、様々なまちとの接点を増すことにつながり、より一層のまちへの波及効果が期待されます。

私たちは、これまで「まっとうばい!ラグビー世界最強の男たちプロジェクトチーム」を(一社)福岡青年会議所並びに(一社)つくし青年会議所の両会員をベースとして設立し、福岡商工会議所様と協働で、各方面への機運醸成運動を展開し、青少年クラブチームと共に署名活動を行ってまいりました。その目的である署名活動においては、約8万人の夢(署名)を福岡市へご提出するに至り、多くの市民の皆様にご賛同を戴いたと自負しております。

そして、このたび、これまでの運動展開を次のステージへと昇華させるべく、これまでのプロジェクトチームを基礎とし、新たに「DreamRugby福岡 実行委員会」を立ち上げます。本会は、2019年の大会に向け、これまでの機運醸成運動を継続するとともに、2016年に福岡市とニュージーランド オークランド市との姉妹都市締結30周年を記念し、2017年8月にラグビー ニュージーランド オークランド州代表チームを招聘した記念親善試合を計画、実施していくことを目的としています。

古くからラグビー文化の歴史を積み重ねてきた福岡において、2019年ラグビーワールドカップにおけるキャンプ誘致の実現は、この交流拠点都市FUKUOKAの力を存分に発揮し、未来ある子どもたちに、より多くの夢や感動を与え、健全育成に大いに寄与することは間違いがありません。そのためにより一層まちを巻き込んだ運動を展開していくべく本会を設立致しました。

2016年10月吉日
DreamRugby福岡 実行委員会
会長 田中 優次

LOGO CONCEPT ロゴコンセプト

コンセプト
「ニュージーランドにかける炎のような熱い想いと強く抱く夢」

意味としては「福岡市とオークランド州との関係の灯火を消すことなく永遠に繋ぐ気持ちと共に、
オールブラックスへ期待する夢の実現を強く抱く炎のような熱い想いを表したもの」です。

ロゴをダウンロードする

ロゴマークをご使用になる方は、 ドリラグ応援団(活動応援署名)にご協力ください。

ORGANIZATION OUTLINE 組織概要

会長

福岡県ラグビーフットボール協会 会長 田中 優次

副会長

福岡商工会議所 会頭 礒山 誠二
九州電力株式会社 代表取締役社長 瓜生 道明
株式会社西日本新聞社 取締役会長 川崎 隆生
株式会社福岡銀行 代表取締役会長 谷 正明
株式会社西日本シティ銀行 代表取締役頭取 谷川 浩道
西日本鉄道株式会社 代表取締役社長 倉富 純男
西部ガス株式会社 副社長執行役員 村瀨 廣記
株式会社九電工 代表取締役社長 西村 松次
九州旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 青柳 俊彦
福岡地所株式会社 代表取締役会長 榎本 一彦
コカ・コーラウエスト株式会社 代表取締役社長 吉松 民雄
太宰府天満宮 宮司 西高辻 信良
福岡青年会議所 2017年度理事長 鈴木 大輔
つくし青年会議所 2017年度理事長 笠﨑 雄弥

行政・ラグビー協会 窓口

福岡県 スポーツ振興課
福岡市市民局
九州ラグビーフットボール協会
福岡県ラグビーフットボール協会

顧問

福岡県知事 小川 洋
福岡県議会議長 中尾 正幸
福岡市長 髙島 宗一郎
福岡市議会議長 おばた 久弥
参議院議員 松山 政司
衆議院議員 井上 貴博
衆議院議員 鬼木 誠

実行委員長

福岡青年会議所 2016年度理事長 藤 眞臣

副実行委員長

つくし青年会議所 2016年度理事長 小鳥居 寛貢
福岡青年会議所 副理事長 田島 敬悟
つくし青年会議所 副理事長 別府 大輔
つくし青年会議所 副理事長 武石 政太郎
福岡青年会議所 室長 高原 正臣

事務局

福岡青年会議所 委員長 名越 康博
つくし青年会議所 委員長 武藤 孝史朗
福岡青年会議所 委員長 森 伸明